念願ジビエ!

d0094416_16133343.jpg
ずっと来たかったお店です、Osteria Austro
行きたいと言っていたら、友人が予約を取ってくれました!
d0094416_16161330.jpg
ふふ、どきどき。
扉を開けるのも楽しみです。
 



d0094416_1618898.jpg
前菜と、まずはスパークリングワインで乾杯!
そして白ワインはグラスで。
此方のお店、どうしても冬の間に来たかったのです。
何故なら、ジビエが食べたかった!
でも焦らない焦らない、本日のお勧め鮮魚、クロメバルでカルパッチョを頂きます。
このソースは腹子のソース、粒々は卵です。
d0094416_16211622.jpg
おおっ!
色々ジビエの前菜盛り合わせです。
猪、熊、狸、鹿…すごいぞ、猪の肺、というのもありました。
狸なんて初めて食べましたけれど、滋味溢れる旨みの詰まったお肉です。
d0094416_16235498.jpg
ちょうど、サンジョベーゼフェアということで、大好きなブルネッロ・ディ・モンタルチ-ノもありましたが、相談させて頂いて、此方のワインにしました。
これが大当たりでしたね、私の好きな味わいでした。
まったりしてとろんとして、時間が経てばまた深く美味しい。
「土っぽい」とお兄さんは仰ってましたが、それも分かります、うん、いいぞ(笑)。
d0094416_16265531.jpg
そしてパスタ。
下田狸とむかごのボロネーゼ。
ここでも狸!だってお勧めされたんだもの!!
狸、最初はどんなものかと思っていましたが、流石に綺麗にお仕事されていて、美味しいです。
d0094416_16292272.jpg
「これはどなたですか?」
私の目の前に鎮座なさっている此方。
「怪獣です(笑)。いやいや、狸ですよ、これ」
ほほっ、ほー。
ありがたく、頂きました。
このお店、所々にこうした骨がいます。
壁には鹿の頭蓋骨か飾られていました。
私はこういうのも嫌いじゃないので楽しんでいました。
d0094416_16324339.jpg
そしてメインは茨城のコルヴェールのロースト、青首鴨ですね。
予想と反して、各部位色々のローストでした。
胸肉、ささみ、もも、手羽、そして、頭も食べて下さい、とティースプーンが添えられて、中身を掬って頂きました。
こうして綺麗に余す所なく頂ける、それも大事なことなのだなあ、と、酔っ払いながらしみじみ。
d0094416_16364079.jpg
ブルネッロ好きということで、グラスで出して頂きました。
友人とは異なるブルネッロ、飲み比べるとまた楽しい。
そしてそして。
d0094416_16374523.jpg
グラッパいっぱい!!
と、カウンターにはずらりとボトルが並んでいたのですね。
それを眺めるだけでも楽しい(笑)。
勿論、頂きましたけれどね!
あ、これは2は杯目のグラッパです(笑)。
こじんまりとした、良い雰囲気で、気付けば随分と長い時間を過ごしてしまいました。
ジビエ、もうすぐ季節も終わってしまいます、駆け込みジビエにもう1回くらい行けるかな?行きたいな!



施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2015-02-15 00:00 | 食道楽なこと | Comments(0)


<< 鍋からの、鍋 隠れ梅、ちらり >>