夏納涼と言えば怪談話な歌舞伎 sanpo

d0094416_17221865.jpg
行って参りましたのは歌舞伎座8月納涼歌舞伎夜の部
大阪勤務から東京に帰ってきた、バリバリキャリアウーマンなRちゃんと、マダムと。
まだまだ暑く、雨予報でもあったので着物は断念。
しかし、本当に着物じゃないとなると、何を着ていけばいいのやらすっかり焦ってしまう。
着物って便利なのだとつくづく実感。
七っちゃんに惚れ惚れし、若手たちの成長に目を細め、勘九郎にはひっそりエールを送り、歌舞伎を愉しんだ後は、Rちゃんおすすめの銀座のバーへ行く。
終演後の1時間、終電までの僅かな時間、ゆったりと大人ないい時間を過ごせました。
Rちゃん、次は来月かな?



しゃべりすぎなこの口できっと失敗も多くて後悔も多くて
まあでも仕方がないと笑えるようになったのはここ数年
それまでの数多の恥を
どこかで抱えてひそやかに切り刻む
でもそんなものなんてまた気付かぬうちにふわりと胸に舞い戻るのだ


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2014-08-21 00:00 | 観ること | Comments(0)


<< 3度目と言うよりは2.5度目の... 車を走らせ八ヶ岳南麓で蕎麦を >>