ゆらゆらとぐにゃり

d0094416_042685.jpg
長らく焦がれていたもの。
焦がれて説得を繰り返しプレゼンし、何度も食い下がり最終的にはやはり勢いとごり押しと言う情けない結果手に入れた(笑)。
能作さんの揺れる杯、Kuzushi - Yure。
d0094416_08037.jpg
相方さんは奥のちろりだけで十分なのだそうですけれどね。
いやいや、やはり注ぐものがいれば注がれるものも必要でしょ。
d0094416_095219.jpg
ほら美しい。
そして美味しく。




d0094416_0103320.jpg
そして此方は昇龍工房すずがみさま(笑)。
なんとなく、さま付けしてしまうこの流れ。
手前から、かざはな、あられ、さみだれ。
d0094416_0155551.jpg
ね?
七変化するすずがみさま。
この日はカトラリー置きに。
d0094416_0173266.jpg
ある日は枝豆が入っていたり。
この夏初めの私の大きなお買い物。
意外にすずがみさまの方が説得、簡単だったなー。
んー、でも、すずがみさま、写真があんまり綺麗じゃないな、反省。


真正面から目を合わせて
私も貴方もやっぱり年をとったなあって
笑ってまた20年後くらいに笑いたい


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2014-08-13 00:00 | 或いはヒトリゴト | Comments(0)


<< 車を走らせ八ヶ岳南麓で蕎麦を 夏と言えばやっぱりね >>