蕎麦屋に行ったのに!

d0094416_1616272.jpg
随分と久し振りに会うrさん。
酔っ払ってくれるメールが本当可愛らしくて愛おしい(笑)。
そんな彼女とほぼ1年ぶりに会う。
当初の予定とはくるくると回転するように変わり、まずは鎌倉の蕎麦屋へ行くことに。
これがまた大正解な一日の始まり。
由比ガ浜で待ち合わせ、松原庵へ




d0094416_1619820.jpg
落ち着いた雰囲気の店内、通されたのは座敷の部屋。
rさん「着物にぴったり」と言っていたのがよく分かる。
ま、何処でも行っちゃうんですけれどね(笑)。
この日も当初は海を散歩する予定だったのに、雨だったのでそれは流れてしまったのです。
蕎麦屋なんだから、ま、板わさで。
そしてきゅっと熱燗。
rさんはビール。
d0094416_16242939.jpg
綺麗な鴨、綺麗な仕事。
鴨ロースのたたき。
厚切り炙り焼きにもちょっと心惹かれたけれど、この先を考えるとこれが正解。
うまい!
d0094416_16254180.jpg
2人して両手をパタパタさせて注文したのが、鴨の手羽先と大根煮。
鴨の手羽先はお目にかかったことがない。
とろりとほどける滋味溢れる鴨、でもどうにも鳥類っぽくなく四足の雰囲気の味だ。
濃く逞しいと言えばいいのかな?
美味しいね、お酒も進む。
そんなこんなで久し振りの再会に終始にこにこ、うっかり此処で飲み過ぎそうになる。
いや、今日はまだまだ酔っ払ってしまう訳にはいかないのだ。
ちょこっとだけ緊張感を持ったまま松原庵を後にする。
d0094416_16304260.jpg
うっかりにもほどがある!
蕎麦屋に来て蕎麦を食べずに車に乗り込んでしまった!!
次に来る時はしっかりとそばも味わおう。
そう誓って、ご機嫌な2人は更にご機嫌になるべく鎌倉の小道を行くのでした。



いつの間にか小さな手は温かく頼もしい手に変わる
月日の濃さは私とは比べようもなく
羽ばたける力は更に伸びやかに


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2014-03-29 00:00 | 鎌倉にて


<< 祝いの席の幸せな時間 着物続きました、続くといいな >>