おかしな3人旅~基さんの芸術

d0094416_9401670.jpg
お楽しみのお食事は個室の料亭街へ。
d0094416_9405575.jpg
お品書き、名入れで置いてあるととても嬉しいもの、そして後日助かります(笑)。
d0094416_9415298.jpg
マダムお気に入りの日本酒が既に置いてあるのですね。
さて、ではいただきましょう。




d0094416_9434716.jpg
まずは前菜。
湯葉にムール貝のタルタル焼き、空豆に茗荷、季節のものを少しずつ。
一つ一つに手が込んでいます。
d0094416_9463599.jpg
椀のお出汁がまた優しくほっとします。
蕨が嬉しい。
d0094416_9484666.jpg
鯛の薄作り、河豚とはまた違うこの薄作りは美味しかったなあ。
さっぱりと歯ごたえを残したこの一皿は大きな刺し盛よりも豪華かもしれない。
d0094416_950477.jpg
芋蛸南瓜に寿司2点。
d0094416_9521884.jpg
油目の木の芽焼き、此方ではアイナメですね。
山くらげの伽羅煮がまた美味しいんだな、もっと欲しかった(笑)。
添えてあるのがなんと蟹!
何が主役だ?
実はこの前に山菜の天麩羅も出して頂いた。
たらの芽、美味しかったな。
d0094416_9555935.jpg
肉料理は那須牛のたたき。
彩のトマトも甘く。
d0094416_9572217.jpg
もうね、かなり満足。
目にも綺麗な皿、実は一人ひとり器が違うのです。
それぞれに合わせて器を変えて愉しませてくれる、そんな気配りも嬉しいです。
で、此方は鯛の化粧焼き。
サクサクとした食感と鯛の淡白な旨みがまた日本酒と合いますね。
d0094416_9594039.jpg
これ、酢の物なんですよ。
寄せ海雲。
d0094416_1004123.jpg
お食事は焼きおにぎりのお茶漬け。
じゃこの香り、焦げた醤油の匂い、丁寧な出汁、毎日食べたい(笑)。
ふーっと、一息ついて至福の時。
目にも鮮やかで身体にも優しく口に嬉しい品々、やっぱり美味しいものを食べている時はとても幸せです。
この後、デザートはお部屋に届けて頂いて、約束のバーでお楽しみです。
d0094416_1042577.jpg
宇都宮から来ているというバーテンさん、くろちゃん、とマダムは呼んでいましたが、鮮やかな手さばきで次々とカクテルを作ってくれます。
「まだ飲める?」「お酒大丈夫だよね」
オーダーしてないけど次々グラスが入れ替わる(笑)。
シャンパンとギネスを合わせたカクテル、美味しかったなー。
きちんと作ったミモザも絶品だったなー。
程好くどころかしっかり酔わせて頂きました。



バイオリンの音を聴きながら食器を洗う
きちんと洋菓子よりも何故かジャンキーなスナック菓子の気分なちぐはぐさ
アンバランスな午後の空気
何かが欠けたこの家の空気に似ている


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2013-05-13 00:00 | 旅先のこと | Comments(0)


<< おかしな3人旅~鬼怒川から更に北へ おかしな3人旅~マダムと待ち合わせ >>