沖縄展で再会!

d0094416_017130.jpg
2日間という短い会期でしたが、行ってきました「沖縄工芸展」。
織物染物を中心に沖縄工芸が一堂に会するなんて素敵な会。
琉球絣、琉球紅型、芭蕉布、宮古上布、久米島紬、八重山ミンサー、読谷の花織、ウージ染!
ああ、もうどれも素敵で大好きだー!
作り手さんがいらしてるので、なんだかちょっといい。
愛情があるのが分かる。
ほかにもガラス工芸や壷屋の焼物、漆器まで。
来場者も着物姿がちらほら目の保養。
d0094416_0225034.jpg
ちょっと懐かしいぶくぶく茶のお手前も。
真っ白ぶくぶくのお茶。




d0094416_0243742.jpg
でもやっぱり何よりなのは嬉しい再会。
「おかん、いたーっ」
とハグ(笑)。
受付で案内してくれたあの子も!
なんだかすごく嬉しくて懐かしくて。
工芸展でこちらに来るとは聞いていたし、案内状も送って貰ったので、実はずっと待ってたこの日。
色々話したいけどいっぱい見たいし、合わせたいし、と、あれやこれや合わせたり話したりと忙しい(笑)。
織った人から直接話が聞けるのも嬉しいしせっかくの貴重な機会だからそこは真剣に。
結構しっかりのんびり忙しくくるくると見たなあ(笑)。
懐かしい人に会えたのは勿論嬉しい、それに加えてこんなに沢山一気に沖縄織物を見られたのも楽しい。
芭蕉布の肌触りや紅型の鮮やかな色彩、泥染めの味、うーん、楽しすぎます。
ゆうなの色もウージの色もどちらもいい!
どうしよう、財布の紐が緩みそう(笑)。
さてさて。
これはおかんが用意してくれたお土産小物。
ペンケースは相方さんに、小銭入れは私に。
「うわ、どうしよう、これに似合うちゃんとしたボールペンとか買わないと」
でもにこにこ嬉しそうでした、相方さん。
私も大事に使わないと!
おかんありがとね!



目を閉じると
雪と海の混じったにおい
焚く火のにおい
油のにおい
そう
冬のにおいが近くなる


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2011-10-06 00:00 | 色々な風景 | Comments(2)
Commented by aamui at 2011-10-17 06:12
よかったね~~~
Commented by shiki_cappa_m at 2011-10-17 23:19
◆aamuiさんへ
こんばんは。色々な人とつながりが出来ること、嬉しいですよね。
此処もそんな場所になるといいな。

施基


<< 水牛モッツァレラを求めて恵比寿... 小屋ランチ >>