再会そして!

d0094416_2244393.jpg
最初に会ったのはパリ。
2年前のこと。
パリ旅行の際、偶然同じ時期にパリにいるということで、ディナーを一緒にすることになった人がいる。
友人の知人である彼はソムリエさん。
その彼の紹介で訪ねたレストランは本当に美味しかったのだが、如何せん、私が唯一、パリで体調不良を自覚した夜…。
いつもはしっかり飲んで食べるし、そうしたい気持ちは山々だったのだが、どうも身体が受け付けず、不本意に過ごしてしまった夜。
友人にも彼にもちょっと気を遣わせてしまったかな。
出来ることなら、体調万全でもう一度、あそこに行きたい。
そしてしっかり今度こそ、満喫したい。
いつかまた行けるのだろうか。




d0094416_22511255.jpg
再会はつい先日。
彼の働く横浜のレストラン
パリではジーンズにラフなジャケットスタイルでしたが、何と言っても本職ソムリエさん!
また雰囲気が違うのです。
ちょっと新鮮。
ちょっと素敵(笑)。
d0094416_22533787.jpg
パリに誘ってくれたり食事に誘ってくれたり、お世話になりっぱなしの友人、今回はこのレストラン主催のワイン会に誘ってくれました。
ふふ、個人的に、このドイツのフランケンのワインは懐かしい。
若い頃に飲み倒したような記憶が…(笑)。
今思うとなんて勿体無いのだろう!
d0094416_2333915.jpg
乾杯!
d0094416_22571461.jpg
まずは自家製ハムのリヨン風サラダ。
サラダだから軽いのかと思いきや、結構ボリューム満点。
ほっくりポテトがまた空腹を満たしてくれる。
そしてワインも合わせてドイツのリヴァーナー。
最初、ちょっと甘め?あれ?と思ったのですが、料理と合わせるとバランスが良く、美味しい。
不思議だな。
これを見越して選ぶソムリエさん、やっぱり素敵(笑)。
d0094416_234671.jpg
天使の海老のラビオリ ラングスティーヌスープ。
これが!!!
濃厚なスープがね、まったり広がる幸せ。
これにフランケンですよ!
口の中がすっきり中和されてまた美味しく頂ける。
ラビオリで包んであるので、お腹も満たされる。
天使の海老はマケドニアで獲れる海老。
甘さがしっかりとしていてこれはお刺身でも美味しいのです。
d0094416_2382423.jpg
ホロホロ鳥のソテー。
野菜もふんだんに盛ってあるのが嬉しい。
しっかり噛み応えもあって、これも美味しい。
これはイタリアのトスカーナの赤ワインで。
これは文句なく好きなワイン(笑)。
美味しいなあ。
なんて幸せ。
流石に一皿ごとのマリアージュなんてそんなに出来ないもの。
それもプロがちゃんと選んでくれているのだから間違いない!
ま、好みの差は多少あるのでしょうけれど、私にはストライク。
ソムリエって、すごいなあ。
パリで会った時は気の良いお兄さん的だったのに、本職の姿を見ると格好良く見えてしまう。
ただ、コスチューム、特にスーツに弱い施基なので数割増?
いやいや、本当に格好いいし、良い人なのですよ!!
d0094416_23181314.jpg
そしてデザートはヌガーグラッセ。
色んなベリーのソースが適度な酸味。
もうお腹いっぱい!
お料理は3品だし、ちょうどいいくらいかな?と当初は思っておりましたが、一品一品がしっかりボリュームがあるし、ワインもどんどん注いでくれるので、かなり満腹!
満足です!
こんな会ならまた参加したいなあ。
料理にもワインにも満足しつつ、ちょっと懐かしいフランスの旅を思い出したり、良い時間を過ごせました。
フランス、懐かしいなあ。



どうしてだろう
時間も気力もあったはずなのに
動き出せなかったのは
何処かで足を掴まれた
ちょっとした気後れ
掴んだのは
あなた


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2011-05-22 00:00 | 食道楽なこと


<< やっぱり渋っ 江ノ島ランチはちょっと島の定食屋に >>