買い物・食はいつも予定調和ならず

d0094416_18275870.jpg
流石に炒飯も焦げ付いちゃうフライパン、もう何年使っているかも忘れてしまったフライパン、そろそろお役ご免かな。
と、泣く泣く(?)手放し、新規購入。
その後流れでふらっと立ち寄ったスーパー。
特に欲しいものはなかった筈なのになあ…。
「これまとめて100円でいいよ」
と言うおばちゃんに絆され、ついつい購入したのは鯛のあら数匹分。
あら嬉しい(笑)。
初日はあら汁、翌日は鯛めしに。
生姜もたっぷりさっぱり鯛めし。
腐っても鯛。
いやいやこれは立派な鯛だ。
頭って美味しいんだから。
骨の周りは美味しいんだからっ。
あら、まだあるあら(笑)。
残りは冷凍してまた忘れたことにあら炊きを。
d0094416_1834295.jpg
そしてその数日前には魚屋さんに珍しく若い女性の店員さん!
頑張って声出して一生懸命で、綺麗なんだな、また(笑)。
で、ついつい買う予定もなかった朝獲れ鰯を山盛り購入。
おっかしいなーーー。
当日はお刺身、なめろう。
鯛めしのこの日は梅干煮。
ことこと時間がちょっと足りなくて、骨感が少々残ってしまったけれど、食べられない訳ではないし!
しっかり頂きました。
青魚、万歳!
d0094416_1838569.jpg
お気に入り。
元々牛蒡は好きだけれど、これはさっぱり柔らかくていいな。
牛蒡の梅干煮、って、また梅??
でも此方は出汁が殆どで、梅はほんの隠し味程度に。
出汁がなくなるまで炒め煮にする。
ほっくり。
何にしても牛蒡って、美味しい。
いっぱい作って常備菜。
なんだか幸せ。




d0094416_1841192.jpg
これを見て美味しそうと思うか怖いと思うかは…。
ねえ?
蛍烏賊、本当はボイルしないで生のまま売っていたら、表面だけをちょこっと炙って山葵醤油で頂きたい。
酢味噌和えよりも私は山葵醤油派。
いや、寧ろ山葵派??

余談、ではあるけれど、酒飲みで食いしん坊な私としては例えばこういうこともありかな、と思ってしまう。
きっと現地ではそれどころじゃないかもしれないけれど、此方までそれどころじゃなくなることはない。
色々な方法があっていい筈だ。
Save The 東北の酒



新しいことを
前に踏み出すことを
勇気を持って振り返ることを
締め付けられそうになって思い出すことを
どうかやめないで


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2011-04-06 00:00 | 食道楽なこと


<< どうか長く咲いていて ちょっとパーティ??いえ、自己... >>