季節限定・曜日限定・晴曇限定!

d0094416_10535290.jpg
随分鎌倉には来ていますが、此方は初めて。
長寿寺。
それもその筈で、拝観可能になったのはここ数年のこと。
それも、春秋季節限定・週末限定の特別拝観。
そりゃ、平日に来ていたら、分かりませんよね。
そして雨天中止ですもの。
そもそも、拝観出来るようになったことを知らなかったのですから。
迂闊といえば迂闊でしょうか。
さて、此方は観音堂。
ほっそりと綺麗な聖観音像がいらっしゃいました。
むー、此処にもいますね、蛙さま。
d0094416_1133574.jpg
大きなお寺ではありません。
最初の書院から庭を。
d0094416_115760.jpg
静かに庇越しの庭を観る。
ちょっと心が落ち着きます。
d0094416_11755.jpg
此方のお寺、三脚と一眼レフカメラは持ち込めません。
受付でお預かりです。
けれどコンパクトカメラは撮影可なのです。
趣旨は拝観、撮影はおまけで、ということなのでしょう。
まずは心静かに色々な人に観て頂きたい、ということかな、と思います。
こうしてボーっと過ごせるお寺、私は好きです。
d0094416_1194745.jpg
裏山から全貌を。
此方は足利尊氏の墓所があるお寺でした。
遺髪を納めた五重塔が墓所としてあります。
d0094416_111310100.jpg
苔。
紅葉にはまだちょっと早い鎌倉。
此処が開いていて良かったな。




d0094416_11145562.jpg
北鎌倉の幾つかの寺院の境内で開かれていた匠の市。
帰り際にちょっと覗き見。
色々な手工芸、野菜など、一人ならわくわくでじっくり見たくなるような市。
素敵な器もあったのにな。
ちょっとしたハイキングでややお疲れ気味の相方さんは興味薄。
d0094416_11171248.jpg
ほらー、綺麗でしょ?!
d0094416_1118339.jpg
ま、仕方がない。
今回は天狗に会いに行く、ということが目的だったから。
だから大人しくこのまま帰りましょ。
また今度、ゆっくり来ます。



まだ思い出すあのメロディー
一度しか聞いていないのに
時折耳に蘇る
不思議な響


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2010-11-06 00:00 | 鎌倉にて


<< きっともう懐メロなんだわ、とち... 鎌倉の天狗に会いに行く >>