ほっとほろっときゅーーっと

d0094416_8311278.jpg
「すいませーん、ビール下さーーい」
そんな声を掛けられそうな着物ですが(笑)。
いや、実際あるんですけれどね、宴会してるお兄さんに言われたこと。
「はい、分かりました、言っておきますね」
と言うと、はっとした顔なさってましたね。
じーっと見て、それから、「しまった!」というような。
でも私、ちゃんとお店の人にお伝えしました。
「あの部屋のお客様がビール追加して下さいって言ってましたよ」
お店の人も困ったようなびっくりしたような顔なさってましたね。
その後、先輩だか上司だかと思われる男性が謝ってきましたけれど、私も楽しかったのでいいのです。
面白かった!
さて。
こんな格好でお出掛けは落語会。
月に数回は出掛けているなあ。
この日は柳家さん喬一門会。





d0094416_8391310.jpg
しっかり笑って、人情噺にほろっと泣いた後、ちょいと一杯。
がっつりしっかり笑った後は、ビールでもワインでも楽しく飲みたくなるのですが、しっぽり良い噺の時はじんわり温めの燗酒が飲みたくなる。
連動しています。
d0094416_8425214.jpg
スズキのお造り。
お酒は黒龍の九頭竜。
勿体無くて燗したことなかったけど、燗でも美味しい。
d0094416_8444153.jpg
白子の天麩羅。
ふふ。
ねっとりした食感がまた誘う。
「すいません、お兄さん、お銚子もう1本」
d0094416_8462499.jpg
そろそろ〆に。
和牛の握り。
ほほ、幸せ。
とろんと美味しい。
今日も良いお噺、良いお酒。
さて、そろそろ帰りましょうかね。
熱いお茶を頂き、くるっとショールに包まって、ひゅーっと吹く風にちょっと首を窄めて家路を急ぐのでした。



雪待草
私の枕に一輪


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2010-02-10 00:00 | 和を愉しむ


<< ウルトラマンション 絵葉書と切手、そして日本画家と... >>