旧三笠ホテルへ sanpo

d0094416_8592012.jpg
続いて訪れたのは、旧三笠ホテル。
日本人建築家が設計して建てられた洋館です。
洋館、と言う響きにもちょっと弱い私です(笑)。
日本にある日本の洋館、と言う、曖昧で色々な文化が一気に流れ込んできていた洪水のような時代の産物。
d0094416_955880.jpg
窓窓窓、と窓が多い。
装飾の木枠も滑らかで美しい。
d0094416_975166.jpg
暫くぼーっと。
それも気持ちが良いですね。




d0094416_99477.jpg
ホテルのロビー。
広々とした空間。
此処が賑わっている風景をちょっと想像してみましょ。
d0094416_9103453.jpg
もうすぐ紅葉。
窓の向うの景色も変わってくる。
d0094416_9121199.jpg
中央の大階段を見上げて。
こういう雰囲気が洋館ならでは。
d0094416_9124633.jpg
階段上から見下ろすと、やけに可愛らしい灯り。
シャンデリアの邪魔にならないようにささやかに。
そんな気がします。
d0094416_9142258.jpg
二階廊下。
木の色と白い壁、緩やかな光。
こういう色彩、好きです。
d0094416_9164653.jpg
お部屋のタイプも色々。
今の日本人サイズにはちょっと小さい?
このベッド。
d0094416_9174554.jpg
このランプがちょっと好き。
ちょうどよく天井とのバランスを保っている。
d0094416_9191119.jpg
懐かしくなるような鏡。
今の鏡の性能の良さではなく、ちょっとふっと歪むような揺れるような映り。
ぼやけた世界の美しさ。
違う世界への入口かもしれない。
d0094416_9204680.jpg
鍵。
そうか、入口への鍵はこっち?
私の好きな一枚。
d0094416_9224841.jpg



おしまい
その言葉で結ぶお伽話には明るい未来がきっと待っている


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2009-10-09 00:00 | 旅先のこと | Comments(2)
Commented by belgium44 at 2009-10-12 01:27
施基さん、こんばんは~♪
はいはい~、私も洋館という言葉にはとても弱いですよ~。
昔の洋館はとてもいいですよね、見学大好きです。
今はホテルとしては使われてなくて、見学ができるようになっているのですね。
そうそう~、この鍵いいわよね。
きっと、ホテルの部屋の鍵も素敵なんだろうなぁ~♪
Commented by shiki_cappa_m at 2009-10-12 22:55
◆さおりさんへ
こんばんは。
きっと女性は多いでしょうね!
現実からちょっと離れていられるもの。
こうして残ってくれていることに感謝ですね。
ふふ、鍵、可愛いでしょ?
懐かしくなっちゃうの、昔の家の雨戸の鍵とか思い出して。
重くてかちゃかちゃ音のする鍵。
はっ!!
部屋の鍵をチェックするのを忘れてた…。

施基


<< 季節のご飯 思う存分浴びましょう >>