FRANCEへ~クローズ・アップ・ルーブル

d0094416_9211183.jpg
かなり前になってしまいますが、以前の記事にあった手のアップの全体像が此方です。
もう忘れてますよね(笑)。
手フェチ?な私のお気に入りの手の1枚。
全体で見ても美しい。
ルーブルの彫刻たち。
では、今回は「寄りすぎて分からない」シリーズです(笑)。




d0094416_9491052.jpg
さあ、誰?
剣の柄、なんですね。
ちょっとコミカル。
ちょっとお気に入り。
d0094416_9505742.jpg
中庭にいたブロンズ像の折れた槍。
d0094416_955835.jpg
その横の折れた剣と盾。
こういうものになんだか惹かれていました。
なので全体像を撮っていないのです…。
でも好きだったんですね。
今こうして見てもやっぱり好きだなあ、一部だけど。
d0094416_9581629.jpg
古代エジプトからメソポタミア、辺り。
元々大きな展示の多い。
本当は、此処にいるべきじゃないかもしれないな、と思ったものの一部。
d0094416_101556.jpg
ローマのレリーフ。
d0094416_1014487.jpg
テーブルの装飾。
どこかオリエンタルな調度品。
d0094416_1022535.jpg
その絵画よりも、此方が気になって。
穏やかな笑みだけど、表情は男性的にも見える。
d0094416_1041083.jpg
何分の一だろう。
圧巻の大きさを誇る「ナポレオンの戴冠式」のほんの一部。
でも此処が一番好きでした、ジョセフィーヌのマント。
質感がね、感じられて。

好きなトコ寄せ集め。
「寄りすぎて分からない」ルーブルシリーズでした。



散歩に行こう
大きく両手を振って
幅の広い帽子を被って
スニーカーなんか履いちゃって
走ったりしてみちゃったり
もしかしたら飛び跳ねてみたりして
何処かに行こう


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2009-09-10 00:00 | 海の向こう


<< 街の色 FRANCEへ~入国物集合写真 >>